2005年12月15日

総花唐草文蕎麦猪口

hanakarakusa01.JPG uzufuku01.JPG

久しぶりに蕎麦猪口特集です。

写真の蕎麦猪口は江戸中期、無傷完品。左は9万円、右は5万円です。

花唐草は大変人気の絵柄です。左のように一面に文様が施されてるものになると
値段が高くなります。希少価値が高いということです。

ともにこの蕎麦猪口は発色も良くにじみなど一切みられない逸品です。


詳細は観山堂HPへGO!
posted by KANZANDO at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | そば猪口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月09日

龍文蕎麦猪口

sdragon01.JPG

龍文の蕎麦猪口です。
細筆で描かれていますが、龍の表情がナイスです。

観山堂、ミロ・アンティークともに商品を追加していますので、
左記ボタンからご覧ください。
posted by KANZANDO at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | そば猪口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月29日

新商品


smoon01.JPG

smoon01.JPG

「丸文に流水」と呼ばれている蕎麦猪口5客セットです。
高台(底の裏)から江戸後期のものと分かります。
発色がよくとても丁寧に絵柄が描かれています。
5客セットを購入希望の方は少ないと思いますが、今観山堂では珍品蕎麦猪口5客が充実しています。

蕎麦猪口は年がたつにつれて希少価値が高くなってます。
蕎麦猪口との出会いは何故か感動的です。
出会いを大切にしましょうね。
posted by KANZANDO at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | そば猪口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月12日

蝙蝠文

bat02.JPG
珍しい珍しい蝙蝠文です。
中国では福寿の象徴とされているようです。
また五羽の蝙蝠になると長寿、富貴、健康、得、自然死の五福を意味するらしいです。
この蕎麦猪口は1羽だけですが、5客セットなんでメデタイ猪口ですね。


bat03.JPG
蕎麦猪口の底を高台といいます。ここを見て年代をチェック。これは江戸後期のもの。
未使用のように高台がキレイです。


bat05.JPG
内側の底は見込みといいます。見込みにも文様が描かれています。

昔の人はどういう想いで器のそこかしこに絵を描いていたのでしょうか。
posted by KANZANDO at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | そば猪口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月17日

まっしろ

hakuji01.JPG

真っ白っていいですね。無印良品みたいに全部しろとかアイボリー調で統一したくなりますね。
こちらも上品な白磁猪口です。人工的な真っ白でないところが味があっていいと思います。

さらに蕎麦猪口を見る際には、ここを見て欲しいです >>>
続きを読む
posted by KANZANDO at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | そば猪口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月15日

柄で選ぶ?

yoraku01.JPG洋服を買うとき、家具やインテリアを選ぶとき、皆さんは何を基準にしますか?
生地を見る、色使いが重要、デザイン、etc、選ぶ基準は様々かと思います。

この蕎麦猪口を見てみましょう。これは瓔珞(ようらく)文といいます。
この洒落た絵柄。こんな絵柄の蕎麦猪口に出会ったら「欲しい!」となるのが普通です。

多種多様な蕎麦猪口ですがユニークな絵柄は集める人の喜び、使う人の愉しみになっていると思います。
posted by KANZANDO at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | そば猪口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月12日

使い方紹介@>>小猪口

choko.JPG

今日は骨董の使い方紹介その@です。
猪口で熱燗など飲みませんが、可愛くて買ってしまいました。
小さい猪口を小さい観葉植物の鉢にしました。サイズもピッタリで感動です。
せっかく買ったので飾るだけでなく、何かに使いたいものですね。
こういう自由な使い方アレンジも楽しみの1つです。
posted by KANZANDO at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | そば猪口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月10日

集めだしたら止まりません。

tatibana01.JPG

それが蕎麦猪口です。

これに蕎麦のダシを入れるのは当然、これで珈琲を飲む、お茶、焼酎、熱燗,etcなんでも飲めます。

図柄、形も様々です。
このカテゴリーでは蕎麦猪口について詳しく紹介していきたいと思いますので乞うご期待。
posted by KANZANDO at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | そば猪口 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。