2007年09月24日

青切子の香水瓶

perfumebottle02.JPG

とってもキレイな香水瓶に出会いました。

なんとなく香水瓶っていうと、私は「おフランス」を
連想してしまうのですが、こちらは日本製です。

アールデコな切子カットが魅力的です。

昭和初期頃のもの。

ちなみにこういうスプレー式の携帯容器はアトマイザー
っていうんですね。知りませんでした。


本日ミロ・アンティークスHPを更新しました。

milologo.png

posted by KANZANDO at 12:48| Comment(2) | 通販 >アンティーク雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
な、懐かし〜@
ウチのお祖母ちゃんがこんな香水瓶を使ってました。
シュッて押すところがピンク系だった覚えがありますから、瓶もピンクだったのでしょうね。
まだ実家に残ってるかも(^^♪

網目に蝶模様の印判、私も同じ手の物を持ってます☆
ウチのは地が麻の葉模様なんですが、サイズもデザインも一緒@
こんな可愛いお皿がもし欠けたりしたら、絶対に金繕いしたいですよね(^^)v



Posted by 樟葉 at 2007年09月25日 10:30
>>> 樟葉 さま
コメントありがとうございます。
ピンクの香水瓶ですか、色を聞いただけで
「絶対カワイイはず」と思いました。

網目に蝶々の印判は私も個人コレクションとして
以前に購入したんですが、もう少し高かった
ような気がします。。。

Posted by MiLO at 2007年09月25日 11:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。